社会福祉法人 山陰会
「ながさき女性活躍推進企業表彰式にて大賞を受賞致しました!」 | 社会福祉法人山陰会

お知らせ

notice
「ながさき女性活躍推進企業表彰式にて大賞を受賞致しました!」
2021年2月26日


クリックすると拡大します。

令和3年2月16日にメルカ築町にて「第6回女性活躍推進企業表彰式」にて島原半島企業では初となる
「大賞」を受賞致しました。今後も職員の幸せはご利用者や児童の幸せに直結するという信念のもと、職員の幸せは働きやすい環境やワークライフバランスから生まれるという想いのもと、働きやすい職場づくりに邁進していきたいと思います。関係各位の皆様、この度は誠にありがとうございました。

「ながさき女性活躍推進会議 4企業・法人を表彰」登用、能力開発に積極的 (長崎新聞 令和3年2月17日)

官民一体で女性が輝く社会を目指す「ながさき女性活躍推進会議」は16日、女性の登用や能力開発に積極的に取り組んでいるとして県内の4企業・法人を表彰した。

2015年度から始まり6回目。大賞にオリックス生命保険長崎ビジネスセンター(長崎市)、社会福祉法人山陰会普賢学園(南島原市)、KDDIエボルバ(佐世保市)、優秀賞に東京海上日動火災保険長崎支店(長崎市)を選出。長崎市築町のメルカつきまちであった表彰式で、同会議の宮脇雅俊共同代表が各企業・法人に表彰状を贈った。

「山陰会普賢学園が大賞」ながさき女性活躍推進企業表彰 ~島原半島で初~ (島原新聞 令和3年2月21日)

女性が職場でいきいきと活躍する県内の企業などをたたえる第6回「ながさき女性活躍推進企業表彰」の大賞に、南島原市深江町の社会福祉法人山陰会「普賢学園」が選ばれた。島原半島では初めて。障がい者福祉施設で積極的な女性の管理職登用、柔軟な就業時間の設定などを続けており、本田尚久園長は「多様な働き方を提案することで働く人が誇りをもち、利用者の幸せにつながるよう貢献していきたい」と話している。

時短勤務など柔軟な働き方提案

官民一体で女性の活躍を推進する「ながさき女性活躍推進会議」(共同代表=井石八千代、宮脇雅俊両氏)が女性活躍の登用や能力開発などに積極的に取り組み、女性がいきいきと働く企業などを表彰している。2015年度から6回目の今回は大賞3団体、優秀賞1社が選ばれた。

同法人では就業時間や職域を柔軟にし、働く人のニーズに合わせた雇用形態などを設定し、施設長クラスなど女性の管理職登用も推進し、結婚や育児などで退職する場合でも優先的に再雇用できるなど支援制度も設けている。これまでに「Nぴか」(県誰もが働きやすい職場推進企業)四つ星(2019年)、厚生労働省「ユースエール」(20年)にも認定されている。

本田園長は「子どもが体調を崩した場合など急な対応が求められる子育て世代にとって、気兼ねなく休みやすいような職場の雰囲気づくりを心がける。時短勤務などフレキシブルな働き方を取り入れながらも、専門性を高めてサービスの質の向上につなげる。多彩な働き方を取り入れることで、働く人が誇りをもってのぞみ、利用者の皆さんの幸せにつながれば」と話をしている。